水素水は、どれがいいのだろうか?

市販されている水素水は沢山ありますが、「結局のところ、水素水はどれがいいの?」という疑問が浮かびませんか?

水素水を飲むことで得られる効果は分かっていても、肝心の水素水選びに失敗をしてしまうと効果も薄れてしまいます。

そこで今人気のある水素水を調査しました。その結果、水素水選びのポイントは、溶存水素量と水素の抜けにくさにあることが分かりました。


タイプを把握しよう

どんな点に注意すればいいの?

水素水と一言で言っても、保存している容器はさまざまです。

  • ペットボトルタイプ
  • 缶タイプ
  • パウチパックタイプ
  • 水素水サーバー

ですね。それぞれ特徴がありますし、メリット・デメリットもあります。コスパも考える必要がありますが、使い勝手の良さでいうと、缶とパウチパックタイプです。

ペットボトルは水素が抜けやすいので注意が必要ですし、水素水サーバーは初期費用がかかります。その点、缶やパウチは水素が抜けにくく携帯にも便利、価格も安いので試してみるには丁度よいです。

外出先でも水素水飲みたいという場合は、このようなタイプの方が良いでしょう。飲みきった後は自宅に持ち帰ることなく、コンビニや職場、駅など決められたゴミ箱に捨てることができます。

水素水サーバーから水筒に移し替えて持ち運ぼうとすると、カラになった水筒が邪魔になりますし、何より水素は抜けやすいので水筒では簡単に抜けてしまいます。

ですから、缶やパウチタイプで人気のある水素水を選ぶのが良いでしょう。


パウチパックならビガーブライトEXとメロディアン

水素水はどれが良いのか悩んだとき、気になるのは口コミや評判ですね。実際に利用した人の話を聞くことができるのが一番です。

もちろん、それぞれどのくらい水素水が含まれているのかもチェックする必要があります。ただし味に関していえば、水素にはクセやニオイ、色などないので普通の水と同じように飲むことができます。

オススメの商品はコレ

また使い勝手でいうとパウチパックタイプが一番でしょう。特に、

  • ビガーブライトEX
  • クリスタル水素水
  • メロディアン

が有名で人気のある水素水です。ビガーブライトEXは、熊本阿蘇外輪の湧水を使用した水素水です。最近、新しくなって今注目のシリカ成分を旧品の約6倍も含有した付加価値が高い高濃度水素水です。価格も手ごろで続けやすいのも特長の1つでしょう。

クリスタル水素水は日本名水百選に選ばれた熊本県の菊池水源の地下水を使用していて、水素の含有量は1.6ppm。

メロディアンも日本名水百選に選ばれた山口県の寂地川を源流としている錦川水系の天然水を利用していて、水素の含有量は1.2ppmです。場所は違いますが、どれも天然水を使用していて、水素も豊富に含まれている点は共通です。


缶タイプなら伊藤園

缶タイプの伊藤園の水素水もおすすめです。伊藤園といえば飲料メーカーとして有名な会社ですので、それだけでも安心感があります。アルミ缶なので水素も抜けにくく、1本約310mlなので飲みきるのに丁度良いです。

湯布院の鹿鳴越山の伏流水を使用していて飲みやすく、身体にすっと入っていく感じがします。ビガーブライトEX、クリスタル水素水、メロディアン、伊藤園は通販で定期購入をすることができるので、続けたい人には嬉しいですね。

またお試しセットを用意している商品もあり、試しに飲んでみて「ちょっとこれは違うかな」と思ったら、違う水素水に買い換えることができるので便利です。水素水はどれがいいのか悩んだ時は、色々と試してみるのもおすすめです。


おすすめ記事

どれがいいのか悩んだ時は、色々と試してみよう

どれがいいのか悩んだ時は、色々と試してみよう